硝子体手術について

About Vitreous surgery

硝子体とは

硝子体は、水晶体の奥にあるゼリー状の透明な組織で、眼球の大半を占めています。

眼球の外側を覆う強膜とともに眼球の形態を保ち、また眼球の透明性を維持する役割をしています。

様々な原因により手術が必要になります

様々な原因によっては硝子体そのものが濁ったり、出血したり、網膜がむくんだり、網膜が眼底から剥がれたりして視力が低下します。

硝子体手術が必要になります。

小切開硝子体手術

白目に3ヶ所小さな穴を開け、灌流液と照明器具と硝子体カッターを挿入して硝子体を含め出血及び病的な組織を細かく切りながら吸引切除し、剥がれた網膜を元に戻します。

状況に応じて硝子体セッシを使用して網膜上にある非常に薄い膜の除去も行います。

当院では小切開硝子体手術MIVS(Microincision Vitreous Surgery)と呼ばれる手法で非常に細い器具にて手術を行います。手術成績が良好で全身への影響も少ないです。

基本は日帰りで行いますが、入院を希望される方、病状から入院管理が必要と判断された方は、連携病院での入院治療も可能です。

詳細はこちら→http://medical.ai-health.net/1me4.html

適応疾患

硝子体出血、網膜剥離、糖尿病網膜症、糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症、黄斑硝子体牽引症候群、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体混濁、その他

黄斑硝子体牽引症候群

黄斑硝子体牽引症候群

黄斑上膜

黄斑上膜

黄斑円孔

黄斑円孔

糖尿病性黄斑浮腫(硝子体牽引)

糖尿病性黄斑浮腫(硝子体牽引)

硝子体出血

硝子体出血

網膜剥離

網膜剥離

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症

糖尿病黄斑浮腫

糖尿病黄斑浮腫

お問い合わせ
お電話予約はこちら