日帰り手術について

About day surgery

当院では、経験豊富な眼科専門医が執刀、一般的な眼科疾患に対する小手術だけでなく、内眼手術として白内障手術・低侵襲緑内障手術・網膜硝子体手術を行います。高度の手術技術や器具が必要な難症例も対応できます。

また、外眼部の手術や加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬の硝子体注射なども行っております。

当院は日帰り手術施設です。日帰りでの対応を基本としていますが入院を希望される方や全身の病気で入院が必要な方は提携病院へ紹介し、後日院長が提携病院へ出向き、手術させていただきます。まずはご相談ください。

当院で可能な日帰り手術

Possible day surgery

白内障手術

一般的な白内障手術・難症例の白内障手術

約10分程度の短時間、日帰りで手術を行います。

入院の必要はございませんので経済的負担がより軽く済みます。

白内障手術

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

2焦点眼内レンズ・3焦点眼内レンズ、乱視矯正のできる多焦点レンズなど

白内障手術を行う際、単焦点眼内レンズだけでなく、2焦点眼内レンズ、3焦点眼内レンズ、乱視矯正のできる多焦点眼内レンズなど多彩な選択肢があります。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

極小切開硝子体手術

適応疾患:糖尿病網膜症、黄斑前膜、黄斑円孔、黄斑浮腫、硝子体出血、硝子体混濁など

非常に高度な技術を要する手術で以前は入院で行われてきましたが、近年技術の進歩により、極小切開創硝子体手術が主流となりました。

当院では、最新の手術機器を備え、大病院と同等の熟練の技術で日帰り硝子体手術を行います。

極小切開硝子体手術

低侵襲緑内障手術(iStent®挿入術)

白内障との同時手術で低侵襲緑内障手術(iStent®留置)を施行できます。

白内障手術時に緑内障治療も同時にできます。

当院はiStent®認定施設です。

低侵襲緑内障手術(iStent挿入術)

抗VEGF薬の硝子体注射

加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫、近視性脈絡膜新生血管などに対する硝子体注射(抗VEGF療法)の治療をします。

抗VEGF薬の硝子体注射

各種レーザー手術

網膜光凝固術、虹彩光凝固術、隅角光凝固術、YAGレーザー手術など

各種レーザー手術

外眼手術

適応疾患:翼状片、偽翼状片、結膜弛緩症、眼窩脂肪ヘルニア、霰粒腫、眼瞼皮膚弛緩症、眼瞼下垂、下眼瞼内反症など

日帰り手術の流れ

Flow of day surgery

日帰り手術の流れ

申し込みから1~2ヶ月で手術となります。(手術の予約状況により異なりますので、お早めにご相談ください。ただし、緊急性要する症例は早期手術となります。)

水曜日の午前中に日帰りで行います。その後は通院で経過を診させていただきます。

白内障や低侵襲緑内障手術の場合は点眼の麻酔を使用し、10分程度で終わります。(白内障の程度や眼の形により手術の時間が長引く場合があります)
硝子体手術の場合は注射で麻酔し、手術時間は症例によって大幅に変わります、60分~90分程度です。

手術は片眼ずつ行います。
両目の手術をご希望の場合は、片眼の手術をした翌週にもう片眼の手術を行います。

感染予防の点眼を3日前から行います。

お問い合わせ
お電話予約はこちら