多焦点レンズについて

About multifocal lenses

各種多焦点レンズ

眼鏡に依存しない、患者さまのライフスタイルに合わせた良好な視力を提供

白内障手術の際に挿入する眼内レンズには、大きく分けて2種類あります。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズです。一般的に単焦点眼内レンズを使用しますが多焦点眼内レンズという選択肢もあります。

多焦点眼内レンズは、遠近両用眼鏡のような機能を持っています。近視や乱視だけでなく、老眼も同時に矯正が可能です。100%ではありませんが、術後眼鏡依存度を減らし、患者さまの生活の質 (Quality of Life)を向上し、高い患者満足度をもたらします。

ただし、利点だけでなく欠点もあり、事前にメリットとデメリットをしっかり知って、慎重に検討したうえで選択しましょう。

各種多焦点レンズ

スポーツや買い物など中距離を重視するライフスタイルの方

各種多焦点レンズ

PC作業や料理など近中距離を 重視するライフスタイルの方

各種多焦点レンズ

読書や編み物など近距離を重視するライフスタイルの方

多焦点レンズと単焦点の見え方の違い

単焦点眼内レンズは、ピント合うのが1か所のみになるため、遠方の見え方を重視すると近方はピントが合わないために老眼鏡が必要になります。逆に近方の見え方を重視すると、遠くを見る時に近視のメガネが必要になります。この欠点を補い、できるだけ術後眼鏡依存度を減らすために作ったのが多焦点眼内レンズです。

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ(中間距離重視)

多焦点眼内レンズ(中間距離重視)

多焦点眼内レンズ(遠距離重視)

多焦点眼内レンズ(遠距離重視)

1枚目:単焦点眼内レンズの見え方、遠方に焦点が合ってますが近方がはっきり見えない状態です。

2枚目:多焦点眼内レンズ(中間距離重視型)の見え方、遠方と中間距離に焦点が合ってますが手元がはっきり見えない状態です。

3枚目:多焦点眼内レンズ(近距離重視型)の見え方、遠方と手元に焦点が合ってますが中間距離がはっきり見えない状態です。

デメリットについて

①コントラスト感度の低下 濃淡がはっきりとしない見え方

多焦点レンズは常に光を遠くと近くに割り振っていますので、光のロスと散乱があります。

そのため、クリアさ・はっきり感(コントラスト感度)では単焦点レンズに劣ります。人によって異なりますが、術後1~3ヶ月くらいで慣れて感じにくくなります。

多焦点レンズの見え方

多焦点レンズの見え方

単焦点レンズの見え方

単焦点レンズの見え方

②ハロー・グレア

多焦点レンズの性質上、夜に光るものはにじんで見えます(グレア、ハロー)。たとえば、電気や車のヘッドライトのまわりに少しひかりの輪が見えます。

手術の直後1~2か月は夜間運転に支障を来たします。人によって異なりますが、術後1~3ヶ月くらいで慣れて感じにくくなります。

多焦点レンズの見え方

多焦点レンズの見え方

単焦点レンズの見え方

単焦点レンズの見え方

術後の見え方

手術後に近くがよくみえるようになるには、慣れる期間が必要です。人によって異なりますが、1~3ヶ月くらいかかります。

眼鏡の装用について

術後、日常生活での眼鏡依存度が大幅減りますが、全く眼鏡がいらなくなるわけではありません。

特に小さい字を見る時や長時間近見作業をする時、眼鏡をかけた方がよく見えます。

多焦点眼内レンズの適した方

眼鏡への依存度を極力減らしたい方

グレア・ハローの出現を許容できる方

比較的年齢が若く、両眼手術を希望する方

白内障以外の眼疾患がない方

多焦点眼内レンズの適さない方または慎重に検討すべき方

完全主義者な方

すでに片眼に単焦点眼内レンズが挿入されている方

夜間運転の機会が多い方

角膜乱視が大きい方

眼疾患を有する方

白内障手術のレンズ選択と費用の関係

2020年4月1日より、国内認可済の多焦点レンズによる白内障手術は「選定療養(費用の一部を健康保険併用)」になりました。

選定療養による多焦点レンズを用いた白内障手術では、手術にかかる費用は単焦点レンズと同じく健康保険適応となりますが、多焦点レンズ代金は別途自己負担となります。多焦点レンズの種類は従来通りの「二焦点レンズ」と「三焦点レンズ」を選択でき、いずれも国内認可されたレンズに限られます。

白内障手術のレンズ選択と費用の関係

当院で使用している多焦点眼内レンズ(老眼治療)一覧表

レンズ外観 単焦点 単焦点 単焦点
名称 Tecnis Multifocal
テクニスマルチ
Tecnis Symfony
テクニス シンフォニー
PanOptix
パンオプティクス
光学部デザイン 回折型 回折型(EDOF) 回折型
乱視矯正
焦点数 2焦点 2焦点 3焦点
焦点の特性 遠方
中間と近方を選択
遠方~中間(連続的) 遠方、中間、近方
近見の焦点距離 30cm 40cm 50cm
3種類から選択
66cm
※焦点深度拡張により
40cm
得意な見え方と作業 読書、PC作業など
選択可能
運転・PC作業 運転・PC作業・読書
グレア・ハローの自覚
夜間運転支障
やや少ない
費用 選定療養 選定療養 選定療養

※選定療養認定手続中

お問い合わせ
お電話予約はこちら