硝子体注射について

About Vitreous injection

抗VEGF薬治療について

加齢黄斑変性などの疾患に強く関与している血管内皮増殖因子(VEGF)の作用を阻害する「VEGF阻害薬」を硝子体内注射することにより、眼内の炎症、網膜黄斑部の浮腫や血管新生を消退させ、病状の進行を抑え、視力の維持を目的とした治療法です。

具体的な薬剤はルセンティス・アイリーア・ベオビュなどがあります。

適応疾患

加齢黄斑変性に対する代表的な治療法ですが、病的近視における脈絡膜新生血管・網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫・糖尿病黄斑浮腫・血管新生緑内障にも適用されます。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫

網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫

糖尿病黄斑浮腫

糖尿病黄斑浮腫

近視性脈絡膜血管新生

近視性脈絡膜血管新生

硝子体注射の流れ

1.点眼麻酔・消毒・洗眼を行います

2.顕微鏡を使用して強膜から針を刺し、硝子体内に抗VEGF薬を直接注射します。

3. 少し休憩し、異常が無いことを確認できたら、お帰りいただけます。

硝子体注射の流れ

投与後の治療について

投与後一定期間、病変を退縮させますが、状態を維持するためにはくり返し投与を行う必要があります。

しかし、比較的侵襲性が低く、視力の維持効果が高いため、現在主に用いられている治療法です。

導入期では月1回の注射を3か月間繰り返します。その後の維持期は病状に応じて適宜追加していきます。定期検査は月1回程度、視力検査や眼底検査、光干渉断層撮影(OCT)等を行い、病変部の変化を確認します。

詳細はこちら→網膜ドットコム https://moumaku.com/

お問い合わせ
お電話予約はこちら