マイオピン点眼薬治療

Myopin eye drop treatment

お子様が近視でお悩みの方へ

子供

近視の進行を抑える目薬をご存じですか?

近視の進行を抑えるためにいくつかの試みが報告されております。

あやは眼科では、マイオピン(低濃度アトロピン)というお薬をを一日一回点眼することにより、近視の進行を抑制する治療を行っております。

※シンガポール国立大学の臨床試験で、0.01%アトロピンの近視抑制効果が証明されました。Ophthalmology 2012;119(2):347-54

このようなお子様におすすめです

  • 軽度または中等度の近視の方
  • 6歳~12歳の学童の方
子供

マイオピンの特徴

  • 副作用がほぼ皆無の近視抑制薬です。
  • 近視の進行を平均60%軽減させると言われています。
  • 日中の光のまぶしさに影響を及ぼさないため、サングラスもほぼ不要です。
  • 目の遠近調節機能(手元を見る作業)に殆ど影響を与えません。
  • 近見視力の低下に殆ど影響を与えず、更に累進屈折眼鏡も不要です。
  • 毎日就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です。
  • 目薬(1本5ml)は両眼用で1カ月の使い切りです。
  • 点眼薬はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

※治療は、実際の近視を治すものではありませんので治療を行った上で十分な効果が得られない場合があります。

マイオピンの特徴

マイオピン点眼薬が選ばれる理由とは?

マイオピン(アトロピン配合)点眼薬は、近視の進行を遅らせるという点で統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている治療法の一つです。

マイオピンは、最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、近視の進行スピードを効果的に抑えると同時にアトロピン1%点眼薬のような不快な副作用を回避します。

選ばれる理由

マイオピンは安全ですか??

シンガポール国立眼科センター(SNEC)のアトロピン0.01%の効能・効果及び安全性の研究(点眼を2年間継続した後によるもの)では以下のように報告されています。

  • アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
  • 眼圧(IOP:Intraocular eye pressure)に影響を与えないとの報告でした。
  • 白内障を形成するとの報告はありませんでした。
  • 点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。
  • 電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。
お問い合わせ
お電話予約はこちら